• TOPページ
  • >>
  • 塗装工事
  • >>
  • 塗装工事の色選びで失敗しないために

塗装工事の色選びで失敗しないために

戸建て外壁塗装の色選び

色選びに失敗してしまう主な原因には、つぎで紹介する「面積効果」と「光の度合い」が大きく関係しています。

「面積効果」によって色が違ってみえる
「面積効果」とは、塗装面積の大小によって色の見え方が変わる効果のことをいいます。たとえば、大きいサイズのパネルと小さいサイズのパネルの二つを用意して、どちらも同じ色の塗料を使って塗装をします。塗装をした二つのパネルを横並びにして見比べてみたら、小さい方が大きい方よりも色が濃く感じることがあるのです。

「光の当たり方」によって色が違って見える
面積効果のほかにも「光の度合い」によって色が違ってみえることがあるので注意が必要です。

失敗しないための対策
実際に色を選ぶときには「小さいサンプルではなく大きめのサンプルで確認する」ようにしましょう。
光の度合いによる目の錯覚については、かならず太陽の日が射している天気のいい日、そして曇りや雨の日などの天気の悪い日、そして朝方や夕方など、「いろいろな天気や時刻のときにサンプルをチェック」して見え方の違いを確認しておきましょう。

ご相談・見積もり無料! 現場のプロがご対応致します!!

0721-60-2800
営業時間: 8:00~19:00
定休日: 年中無休
メールでのご相談はコチラから
Copyright(c) 2020 麻布 南大阪営業所 株式会社Boo All Rights Reserved.